• ホーム
  • カマグラとカマグラゴールドの違い

カマグラとカマグラゴールドの違い

2019年07月11日
考えている男性

カマグラは、インドの製薬会社が製造・販売している勃起不全(ED)のための治療薬です。
なお、同じメーカーからはカマグラゴールドという名称の薬がやはりED治療薬として販売されていますが、違いは前者が主に輸出用、後者が主にインド国内用というだけで、主成分は同じです。
日本においては個人輸入代行業者などを通じて入手可能です。

カマグラ(及びカマグラゴールド)の主成分はシルデナフィルという物質で、この物質を主成分とする他のED治療薬は日本でもすでに正式な認可を受けています。
シルデナフィルには陰茎海綿体の平滑筋を緊張させて血管を収縮させる働きを持つ5型ホスホジエステラーゼ(PDE-5)という体内酵素の活性を阻害する作用があります。
これにより、血管を拡張させ、持続的な勃起に必要な血液の流入量を確保します。
不完全な勃起しか得られない場合はもとより、いったん勃起してもすぐに萎えてしまう「中折れ」状態の改善にも効果を発揮します。
ただし興奮作用をもたらすものではないため、勃起のきっかけとなる何らかの性的刺激が他に必要となります。

カマグラを使用する際は、性行為の30分~1時間前に経口服用します(錠剤の場合)。
効果の持続時間には個人差がありますが、平均して4時間程度です。